岳成弁護士について

    岳成弁護士は岳成弁護士事務所の創設者で、中共黨員で、大學學歴で、「國家一級弁護士」であり、1980年から弁護士業務をし、弁護士経験が二十年を超え、処理した案件が千件を超えた。

    岳成弁護士は1995年に第一回「全國トップティーン弁護士」を選出された。

    岳成弁護士は1998年に著名な「零點調査會社」の調査結果により、北京地區での最有名な弁護士である。

    岳成弁護士は2001年に中國中央テレビの「東方の子」を通して「第一回全國トップティーン弁護士である岳成弁護士」の報道が放送された。

    2002年に岳成弁護士は北京市司法局に「刑事弁護の目立つ貢獻賞」を授與された。

    2005年と2006年に岳成弁護士事務所は二年連続的に「中國十大誠意英才」を選出された。

    2006年に岳成弁護士は北京市で入札を評議する専門家を選出された。

    2007年に岳成弁護士は北京市朝陽區人民政府にその「招商引資產業促進專家顧問團」のリーガルサービスを招聘された。

    岳成弁護士は北京大學と清華大學との法學院に法律修士課程の院生の指導教授を招聘され、東北農業大學、北京林業大學、吉林大學及び黒竜江大學に兼職教授を招聘された。

    岳成弁護士は以下の影響力を持つ著名な案件を擔當した。例え、大興安嶺火災案の秦寶山が玩忽職守財を公訴される案、《秋菊打官司》の元作者陳源斌の名譽權を侵害する案、新聞《工人日報》を控訴される不法行為再審案、《瀏陽河》の詞作者徐叔華の著作權を権利侵害案、 「法輪功」の主要成員李昌が利用邪教組織破壞法律實施罪を公訴された案、元河北省常務副省長叢??渦淌鹵緇ぐ?、國家文物局が中日海戰で沈沒した「致遠」艦を引き上げる案、中央テレビ「實話實說」の進行係崔永元の肖像權、名譽權を侵害される案等。  

聯系方式
頂部咨詢新疆25选5走势图底部
掃描二維碼關注更多精彩內容